ここだけの話・・・

2017年10月 5日 (木)

秋開催に至る真相

 今まで開催を期待して頂いた皆様は、「どうして夏に開催しなかったか?]という疑問をお持ちの方が多い事と思います。

 その疑問をかいつまんで説明すると・・・

 このイベントが始まって10年が経過。当初は10数人規模の大会が、今や1000人の参加者。実行委員スタッフもさぞ多かろうと思われていますが、実は前日、当日だけの寄せ集め集団による大会でした。

 実の所、本部員としてその年の開催が決定した時から準備にあたっているのはNとMのたった2名 開催2週間ほど前になると参加者ガイドの発送などの作業のため友人同僚など何人か加わっての準備作業が始まります。

 さすがに大会数日前になると要の本部運営は数名ではどうにもならず、更に足りないところは、配下?や友人・縁故を頼り、頭を下げて協力をお願いするという有様という、寄せ集めの大会本部でした。とはいえそんな状況でも10年の積み重ねで要領を得ている人たちですからそれで運営は廻っていました。

 しかし、寄せ集め集団も10年を経ると、当初は若かった人たちにも身辺に変化が出てきました。若い人は結婚して子供が生まれる、家族が出来ると思うように時間を取れなくなったり、年配の人達は体力が低下して早朝から日が暮れるまで、設営から看板建て、誘導、テント・スタートゲートの設置や撤収の激務に耐えられなくなり、資材運搬のサポートに必須のクルマの運転も高齢者マークが付く年齢。

 節目の10年を目前にしてついに限界を感じ始め、組織の再構築という話になりました。しかし、一朝一夕で運営の要である新組織を作るのは簡単な話ではありません。

 去年の大会が終わった時点で少しずつ働きかけを始めたのですが、春までに事態は進展せず、このままでは2017年の大会が今迄通りの破たん寸前の運営となるため、止む無く中止となったというのが真相でした。

 中止が決まったあとも様々な働きかけをした結果、ようやく協力団体が集まり、開催の目途が付いたのが9月に入ってからでした。とはいえ、新しい組織でいきなり来年の夏に1000人規模の大きな大会を開くには不安が大き過ぎます。そこで人数を抑えた小規模な大会をに開催しようということになりました。 
 秋の日は短く、日に日に冷え込みも加わり、11月ともなると初雪の心配もあるため、時期を検討した結果がギリギリ10月29日という日程という次第です。非常にタイトな準備日程でもあり、急な開催決定の発表で参加者が集まるかという心配もあります。初回開催以来、大きなスポンサーを取らず、運営資金のほとんどを参加費だけで賄う大会ですからその不安も大きく、新組織も頭を悩ます日々は続きます。

 ともあれ新しい組織で再スタートを切ることになったツールド妻有。新メンバーがどんな新味を出した大会を運営するのか期待大です。エイドステーションを運営していただいている団体のみなさんはこれからも継続して支援をしていただけるとのことですので、秋のASのおもてなしも期待大です。ツールド妻有フアンの皆様、今後もこのイベントを暖かく見守ってやってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

ツールド妻有2012 開催決定

 既にTwitterでは公表されていますが、ツールド妻有2012は8月19日に開催されることがが決定しています。昨年は豪雨の影響で中止となってしまい2年振ぶりの開催となります。今年は3年に一度の大地の芸術祭の当たり年。そもそも、この大会のルーツは芸術祭の作品として開催されたのが始まりでした。ですから今年の大会も、その芸術祭の作品の一部となることになります。だから何処が変わるかって??・・・ 大会そのものは今までと同様特に大きく変わるところはありません、が!

 公式には募集開始に先立ち、3月末を目途に更新される「ツールド妻有2012ホームページ」で全てが明らかとなりますが、その前にちょこっとだけ、ここだけの話として教えちゃいましょう(*^_^*) 先ず、募集開始は4月XX日、募集人数は2009年大会に準じ500人規模の予定ですから、昨年の300人に比べたら大幅増となります。また、3年毎の大地の芸術祭にちなんで作られる「大会公式ジャージ」が復活します。大会自体がアートとなりますので、これを着用して走ることが義務付けられることが普通の年と異なるくらいでしょうか。

 気になる参加料のことなんですが、残念ながらまだ発表できる段階ではありませんm(__)m というのも着用が義務のジャージ、自転車乗りならお判りでしょうが、半袖ジャージは普通に買ったら1万円はしますよネェ。それに例年のエントリーフィーを加算したら、あのエイドのサービスを考慮に入れたって少し高過ぎです。そこで今、スポンサー獲得のため動いている段階です。大きなところでは某国の超有名アウトドアウェアメーカーが内定しています。もったいぶった言い回しですが、国名やイニシャルをバラしたら直ぐに判っちゃいますから・・・ そのメーカーのジャージは普通に買ったら1万2千円ほどするようです。

 これまで協賛いただいた企業からも引き続いて支援していただけそうです。加えて地元妻有の協賛が決まってから参加料が決まるわけですが、何とか頑張って福沢さん1人で野口さんが1~2人お帰りになるという、ジャージの値段以下の金額で開催する無謀?な計画が進行中です。と、小さな声でここだけの話(*^_^*)

 こんな破格の値段を設定できるのは、大会スタッフが全てボランティアの手弁当だからこそ出来ること。これまで同様、ゴール後の温泉、7~8箇所のエイドステーションでは地元食材を使った食べきれないほどのもてなし。(コシヒカリおにぎりに名物の茹で立ての幻の蕎麦、パエリアなんてものもありましたし、新鮮野菜や手作りの漬物や煮物・・・)こうしたものも今まで同様地元の皆さんが振舞ってくださるようですが、それに加えて3年に一度の大会公式ジャージ。そのデザインもいずれ公式HPで発表されますが、この参加費とあのおもてなしですから、これまでの経緯を考えたら多分募集開始が始まると直ぐに定員に達しそうな予感がします。中止となった昨年の参加者には少しだけ特典を考えていますが、それも今は公表することが出来ません。

 焦らすようなことばかりで申し訳ありませんが、今月下旬に更新される公式ホームページをご注目ください。何より開催日の8月19日のスケジュールを空けておくことが一番!。どうぞ楽しみにしていてください。

 ところで、コースのことなんですが、一応中止になった昨年と同じコースを予定していますが・・・ 今年は報道でもご承知のように全国各地は稀に見る寒冬豪雪に見舞われています。豪雪地妻有も例外ではありません。現在、信濃川沿いの平地では平均250センチの積雪があります。山間地の松代・松之山では5mを越えているところも多く、全てはこの雪が融けて見ないと判りません。多分全コースの通行がクリアになるのは6月となるでしょう。加えてゴール手前の国道353号の細道の土砂崩れは降雪前には復旧されておりませんでした。雪解け後の工事次第で、変わるとしたらこの辺りが国道117号に迂回となるかも知れません。

 今はまだ何も出来ず雪解けとともに頭痛の種が増えそうです。今日は内輪話をだいぶ洩らしちゃいましたが、今後の成り行きで計画が変わりこともありますので、100%信じないで公式発表を楽しみにお待ちください。 アッ、カウントダウンタイマーも更新しなきゃ(^^ゞ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

来年の・・・

 中止決定から一週間。ツールド妻有は早くも来年に向かって動き始めました・・・ 今日は主宰者の伊藤さんとあらためて全コースの状況を見てきました。水害から2週間を過ぎて徐々に道路も開通し始め、通行止めは継続しつつも標識を無視?すれば通れるところも増えていますが、まだ全く通ることが出来ないところが2区間ありました。自己責任で個人的に走るならよいとしても、イベントとして走るにはまだとても開催できるというレベルではありませんし、水害のため復旧が遅れた地震による道路の亀裂がこの大雨で崩れたところもあってやはり中止が正解という印象を深めた試走でした。

 わずか3時間ほどのクルマでのコーストレースでしたが伊藤さんと来年の開催に向けた様々なお話が出来て有意義な試走となりました。開催日程についてはこれから詰めるとして、募集開始は概ね来年5月頃。出来たらキャンセルとなった今年の参加申し込み者に初期優先枠を与えて先行募集、その後一般枠で残りを追加募集とか云う案も浮上。

 3年に一度の公式ジャージを復活し参加者全員がそれを着て走る、デザインは募集開始と同時に公開。デザインも一般的な横文字が多いメジャーなスポンサーに限らず、ローカル色豊かな意匠を取り込んだユニークな柄のジャージを作りたいという希望も受け入れていただける感触でした。 規模はおよそ600名程度として継続する・・・ いずれは一部のコース取りを変えるとか、全く逆廻りにしたら面白そうとかいろいろなことを話しながらの試走でした。

 また伊藤さんが個人的にイベントで集めた十日町の水害被災者への高額な募金も託されました。中止になった8月28日に向け、有志を募って都内からスタートのミオンへ向け220kmのロングランをすることが決まったとか、改めてこの地域とツールド妻有への思い入れを感じたところです。少しづつではありますが既に来年に向けての前進が始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

続報:妻有を舞台に新たなイベント

 前の記事の続報です。3月とはいえ季節が真冬に戻ったような吹雪の中、今日は某温泉組合関係者に呼ばれサイクルイベントの打合せ会に行ってきました。何も判らず何も知らされず出席した会議でしたが、そのイベントはもう昨年秋から開催ありきで話は進んでいるような気配でした。詳しい内容はここで公にはできませんが・・・大会の舞台はその温泉郷をスタートとするヒルクライム競技、距離およそ9Km、標高差は600m・・・っとそこまでは別にどうってことはありません。しかしニュースはその先! 

 この大会の主催には国内の自転車団体を統括するあのJ●Aと大手某著名企業も運営に加わり、ゆくゆくは全国各地で開催され、地元自治体や団体の後援と協賛も予定されています。またこの企画は数年先まで見据えたこのヒルクライムシリーズであり、これがその初戦となる予定とか。更にこの大会はあの乗鞍を含む「J●A全日本ヒルクライムシリーズ」のチャレンジシリーズと位置づけられるようです。これにより大会成績が現在参加が抽選となっている人気の同シリーズに優先参加枠として確保されることも計画されています。しかし、期日を含めまだ記者発表前なのでこれ以上のことをもう書くことは出来ません。

 と、ここだけの話としてあえて小さな見難い文字で書きました。地元関係者の相当な力の入れようを感じてきたこの大会。多分このまま実施されそうです、来月11日の記者会見発表以後、J●Aのホームページでその全容が明らかとなる予定です。これはあくまで情報リークですから、ひょっとしたらそれまでに削除されるかも・・・です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

新たなイベントの胎動

 「ここだけの話!」っていいながらブログに書ちゃっていますが・・・。チュニジアに続いてエジプト・リビアと、あの辺りが騒がしくなっています。ツイッターやフェイスブックによる革命とまでいわれるほどインターネットの力が世の中の動きに影響を与えるようです。たった一人のネット上の書き込みが次第に大きなうねりとなり、やがて政治体制まで変える力になるというのは恐ろしいというか凄い・・・。ツールド妻有のブログには関係ないような書き出しですが。 

 先月のある日、ツールド妻有について主宰の伊藤さんと大地の芸術祭の総合ディレクターの北川フラムさんのやり取りについてがツイッターに載っていました。それによると、昨年に始まった瀬戸内アートトリエンナーレの企画のひとつとして「瀬戸内の島々を巡るサイクルイベント、つまり『ツール・ド・妻有@瀬戸内』というような企画を立ち上げたい」というようなことを相談されたというような内容でした。話は飛躍して瀬戸内に限らずアジアのどこかの島を舞台にしたアートイベントでも同じような『ツール・ド・妻有@何処そこ』という話に及んだ夢のようなプロジェクトの相談??・・・。 『ツール・ド・妻有』はそんな構想の母体でありひな形であるという。何処が特別という訳でもないツール・ド・妻有ですが、どうしてそんなに飛躍するのでしょう?。

 思うに、一般的には大会規模が大きくなるにつれ、イベント業者ともいえるプロが大会を仕切ってしまうような傾向があるように感じます。しかし、強いて言うなら妻有の場合、大会を支える殆どが地元ボランティアスタッフというのが特徴でしょうか。それぞれの皆さんが純粋に「自分の故郷の素晴らしさを参加者みんなに伝えたい、自分の暮らす地域はこんなに素敵だってことを自慢する」というメッセンジャー的な使命感もっているような気がしている。だから参加者をもてなすということに無償で頑張れる。これがツール・ド・妻有のもっとも特徴的な事であり、参加者の皆さんも一様に、自然のすばらしさと共にそんな雰囲気を感じている気がしているのだが・・・ このことは主催にかかわる一員の贔屓目な見方でしょうか?

 ともあれ、妻有で始まったサイクルイベントが大きな広がりを見せたらとてもうれしいこと。決して「ツールド妻有@何処そこ」とかいう名なんてこだわらない。同じようなふるさと自慢の住民が自分の故郷の魅力を伝えるイベントになったらそれでいい。何処まで広がりを見せるか興味は尽きない。もし他所のどこかで同じようなスタイルで開催されたら是非参加してみたいものです。ツイッターから始まったこの話、何処まで発展しどう実現するのか今後の成り行きが注目されます。

 そしてもうひとつ、最近、ツール・ド・妻有事務局に市内某温泉組合からヒルクライムの開催について協力打診がありました。山中にあるその温泉一帯はヒルクライムにはうってつけのコースがあります。実現されたら激坂あり景色も良好、温泉もありで楽しめる大会になりそう。近々打ち合わせをしようということになっているので続報があったらまたお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

知らない間に

 ツールド妻有は完全に冬眠中sleepy!と思いきや・・・ 
 主宰者のPENさんと常連参加者のpcWEBデザイナーさんの間でホームページリニューアルの話が進んでいました。
 今日、メールでその素案が届いたのですが、なかなかの出来映えです。これからさらに校正が進んで行くことと思います。
 まだ公開することが出来ないのは残念ですが、「ツールド妻有2011」は真冬にもかかわらず開催に向けて少しずつ着実に進んでいますdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

来年は・・・

 おはようございます。昨日は眠くてねむくて・・・おまけに今朝は早起きで自転車の日でしたので。一夜明け、早起きして薄暗い中を自転車。走りはじめた頃は日の出も見られ日も射していたのですが、6時半に走り終わって帰る頃には雨がポツポツ。まさに「○○○心と秋の空」ですねぇ(*^_^*)

 さて昨夜の話の続きですが、その反省慰労会に先立ち、伊藤さんと越後妻有事務局長と私の3人でいろいろなことを話し合いました。その中では当然来年の「ツールド妻有2011」の事も出ています。来年のツールド妻有はいったいとうなるの???   って、終わったばかりの今から来年の事を言うと鬼もホントに笑っちゃうでしょうが・・・ ズバリ!開催日は完走証に書いた日程どうり8月28日(日曜日)、募集人数は500名と参加枠を若干増やし、参加料は今年と同額ということに決定しました。(って?、これはまだ内輪だけの話のはずでしたが ^_^;) 内容的には今年をほぼ踏襲した形で実施。今のところ全体的にはコースもほぼ変えないという方針です。ただし、コースについては以前から検討しているベルナティオASの先の下り坂に新たな別ルートが開通しそうです、交通量が多く狭い国道を走る危険区間がカットできそうなためその辺りが変わる可能性は大ですが・・・

 また、サポートについてこんな話題があります。一昨年来、ツールド妻有にボランティアメカニックとしてご協力いただいているワカバクラブのMさん、調整やパンク修理ははもとより、手持ちのあらゆるパーツを無償で提供し、タイヤ、チューブ、スポークやワイヤー交換まで献身的で親身なwrenchメカサポートにお世話になった参加者も多いと思います。これまではこうした部品類までMさんのご好意により基本的に全て無償でお世話を頂いてきました。しかし大会規則では自転車の整備は主催者は行わないという項があります。調整修理のサポートはMさんから「これまでどおりの体勢で、できる範囲で無償でします」とありがたい申し出をいただきました。しかし、次回からは持参してきたパーツを使って修理する場合に限り、部品代金のみ全て有償とすることにしました。部品有償は当たり前といえば当たり前、主催者に気を使い無償でやっていただいた今までのMさんの行為に甘えていた部分も多く、随分ご負担をかけてしまいましたことをあらためてお詫び申し上げます。
エイドについては今回の集落エイドが参加者には特に好評だったことや、ASを運営した集落関係者からも来年も協力したいという心強いメッセージも寄せられているため、この方向でいっそう充実してやれそうです。

 こうした多くの皆さんに支えられやってきたツールド妻有。とりあえず来年は今年以上の規模で開催するということを確認しました。しかし、元々ツールド妻有は「芸術作品」がスタートです。再来年の「第5回大地の芸術祭」ではニューバージョンのジャージを復活させ、参加枠を更に増やすなどパワーアップもあるでしょう。参加を考えているみなさん、今からスケジュール登録をよろしくお願いしま~~す!scissors

 もうひとつ、大会終了後多くの皆さんからこのブログにコメントを頂いたり、また直接メールを頂いたり・・・本当にありがとうございました。暫くは放心状態?というより溜まった仕事を片付けるのが慌ただしく、いちいちご返事を差し上げることができなくて本当に申しわけありません、お詫び申し上げます <(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

完走証

 少し前の記事に「今年も参加」さんからコメントを頂いていました。

いまさらなんですが10月7日のブログに
<公認HPには「到着順位は後日おしらせ・・・」なんて書いてありました。
去年の完走証みたいなものは発送されていたのですか?
もしかして自分にだけ届いていなかったら、これも届かないかとおもったので、どうだったのか知りたく。>

 確かにそういった記事がありました。実は通過到着の記録は通過確認シートと二段構えで農舞台・星峠・ミオンの3箇所で出来る限り分単位でpencilメモしていたのですが、小さいゼッケンシールだけでは見落としが多く、集団で入った場合などの記録欠落もありました。結果、確認シートで通過したことは判明しましたが、時間の記録が飛んでいた方が数多くありました。そして大会後、実行委員それぞれ何かと行事が立て込み、気がつけば年末近くになってしまいました。各部署がギリギリの人数で仕事をこなしていた結果、記録は不完全であったり時期を逸してしまったため、発表は行われずそのままになってしまったというのが実情でした。期待をして待っていた皆様には、大変申しわけない事をいたしましたことをお詫びいたします<(_ _)>

 また、昨年ミオン到着後の配布したものは温泉券だけで、完走証というものは用意してありませんでした。そんな「今年も参加」さんからのコメントと昨年の反省から、今年は見事完走を果たされた皆様に、ゴール後にささやかなご褒美として完走証を渡そうと云うことで準備することになりました。
 しかし、今年も実行委員会として「公式な時間を記録」してお渡しすることはいたしません。完走証はあくまで完走を称える証しです。何故かといえば、大会要項で謳っているように、このイベントはレースではなく、あくまでも交通ルールに則ったサイクリングイベントです。ですから運営側として通過ゼッケンとおよその時間を記録するのは、あくまでも不通過や行方不明者を確認するための安全対策であり、「早く走ることを助長し、競争心を煽るような記録公表を差し控える」ということでご理解ください。

Sample1    お渡しする完走証には時間を書く欄があり、数字は空白になっています。ですから皆さんご自身で自主的にゴール時間を計ってご記入していただくようになっています。ツールド妻有の参加者の殆どの皆さんはmobilephoneケータイやwatch時計を持っているか、自転車にはサイコンを付けているかと思います、その時間によってNetでもGrossでもどちらでも良いでしょう。完走証はご自身の記念あるいは記録としていただけたらうれしいです。

大会当日までもう一ヶ月を切ってしまいました、長期予報でも今年はまだまだsun猛暑が続くといいます。練習に励んでいる皆さん、走りに熱中はいいですが熱中症」にはくれぐれも気をつけ、spaミオンでお会いしましょうscissors

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)