« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

2017年10月 5日 (木)

参加受付開始時刻変更

 当ブログで【ツールド妻有2017(秋)】の参加受付開始を6日午前0時とお知らせしていましたが、正しくは6日の正午でした。運営本部の確認ミスでした、お詫びいたします。
受付開始は明日正午です

| | トラックバック (0)

秋開催に至る真相

 今まで開催を期待して頂いた皆様は、「どうして夏に開催しなかったか?]という疑問をお持ちの方が多い事と思います。

 その疑問をかいつまんで説明すると・・・

 このイベントが始まって10年が経過。当初は10数人規模の大会が、今や1000人の参加者。実行委員スタッフもさぞ多かろうと思われていますが、実は前日、当日だけの寄せ集め集団による大会でした。

 実の所、本部員としてその年の開催が決定した時から準備にあたっているのはNとMのたった2名 開催2週間ほど前になると参加者ガイドの発送などの作業のため友人同僚など何人か加わっての準備作業が始まります。

 さすがに大会数日前になると要の本部運営は数名ではどうにもならず、更に足りないところは、配下?や友人・縁故を頼り、頭を下げて協力をお願いするという有様という、寄せ集めの大会本部でした。とはいえそんな状況でも10年の積み重ねで要領を得ている人たちですからそれで運営は廻っていました。

 しかし、寄せ集め集団も10年を経ると、当初は若かった人たちにも身辺に変化が出てきました。若い人は結婚して子供が生まれる、家族が出来ると思うように時間を取れなくなったり、年配の人達は体力が低下して早朝から日が暮れるまで、設営から看板建て、誘導、テント・スタートゲートの設置や撤収の激務に耐えられなくなり、資材運搬のサポートに必須のクルマの運転も高齢者マークが付く年齢。

 節目の10年を目前にしてついに限界を感じ始め、組織の再構築という話になりました。しかし、一朝一夕で運営の要である新組織を作るのは簡単な話ではありません。

 去年の大会が終わった時点で少しずつ働きかけを始めたのですが、春までに事態は進展せず、このままでは2017年の大会が今迄通りの破たん寸前の運営となるため、止む無く中止となったというのが真相でした。

 中止が決まったあとも様々な働きかけをした結果、ようやく協力団体が集まり、開催の目途が付いたのが9月に入ってからでした。とはいえ、新しい組織でいきなり来年の夏に1000人規模の大きな大会を開くには不安が大き過ぎます。そこで人数を抑えた小規模な大会をに開催しようということになりました。 
 秋の日は短く、日に日に冷え込みも加わり、11月ともなると初雪の心配もあるため、時期を検討した結果がギリギリ10月29日という日程という次第です。非常にタイトな準備日程でもあり、急な開催決定の発表で参加者が集まるかという心配もあります。初回開催以来、大きなスポンサーを取らず、運営資金のほとんどを参加費だけで賄う大会ですからその不安も大きく、新組織も頭を悩ます日々は続きます。

 ともあれ新しい組織で再スタートを切ることになったツールド妻有。新メンバーがどんな新味を出した大会を運営するのか期待大です。エイドステーションを運営していただいている団体のみなさんはこれからも継続して支援をしていただけるとのことですので、秋のASのおもてなしも期待大です。ツールド妻有フアンの皆様、今後もこのイベントを暖かく見守ってやってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

ツールド妻有2017(秋) 開催決定

 長らくお待たせしました。一旦中止となった今年のツールド妻有でしたが、ここに来て一転、急遽秋バージョンとして開催することが決定しました。
開催日時は、今月最終日曜日。日の出日没時間や朝夕の気温低下を考慮し、午前8時スタート/午後3時がゴールリミット。それに伴い距離も最短の70㎞コースのみとなりました。
コースは従来の70kmコースとなり、西田尻の第1ASとベルナティオ第2AS方面および、農舞台以降儀明、星峠方面がカットされたルートとなります。
だいぶ短縮されたとはいえ、70kmでも走りごたえのあるコースです。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

 夏とは一味もふた味も違う紅葉真っ盛りの越後妻有。新米コシヒカリやキノコに秋野菜など味覚も秋真っ盛り。天候によっては朝夕の冷え込みも厳しくなり始める季節です、防寒の準備もお忘れなきよう準備ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ