« コース最新状況 | トップページ | 一族総出 »

2016年8月22日 (月)

看板立てと道普請

 大会まで残り1週間となりました。何度もお知らせしている通り、主要なコース案内看板はほぼ恒久設置看板に置き換わりました。しかし、それだけで終わりってわけにはいきません。
 参加者に安心して走っていただくため、週末から仮設補助看板の設置作業が始まりました。
恒久設置ができない所に15本ほど追加。看板から看板までの区間が長いところには、その中間にも合わせて20本ほど立てます。急坂・対向車注意・給水・トイレ・滑りやすいなどの注意喚起看板も40本、各コース別の距離表示、ASまで○㎞・ゴールまでの残距離などなど・・・その数およそ200本弱を手分けして立てています。週明けにはスタート会場や主なASなどにバイクラックや仮設トイレの設置作業と続きます。

 
Tuboyama  昨日は朝早くから補充の看板立てと、別チームが行った看板立ての点検作業をやってきました。夏真っ盛りですから、常設案内看板にはあっという間につる草が絡んだり、背丈が伸びて見えにくくなったりしているため、そんな場所の草刈をしたりと、結構時間がかかるコース確認作業でした。また例年転倒事故が起きやすい場所の路面に流れ出た泥をさらって、きれいにする作業もあわせてやりました。 炎天下たった一人の道普請でしたので、こ1時間でもうヘロヘロ。そこには「○に危の字」の看板を追加し、更に手前に大型の注意喚起看板が立ちます。現場は、鉢AS先およそ11㎞先の、急な下り坂の右カーブ。道路左側の斜面から流れ出た土砂で側溝が埋まったため、どんなに晴れが続いた時でも、常に路面がウエットで泥水が流れています。路面を覆っていた泥の大半は路肩に寄せましたが、根本的には側溝の泥さらいをしないと解決しません。それをするには土建業者が、何らかの機械をでやらないと無理な仕事です。結局、参加者の皆さんがこの場所に差し掛かったら看板の指示どおりゆっくり走っていただくしかありません、どうか最徐行をお願いします。作業を急いだため、写真を撮りませんでしたので、画像は3年前のストリートビューからです。
 

 今回のツールド妻有の開催日は25~27日にかけて越後妻有各地で行われる秋の祭り日程の翌日となっています。こうした日程上、事前準備や当日のスタッフ集めも、「更に続けては休めない」という理由からツールドにも多少の障害となり悩ましいところです。
 残り1週間、当日まで怒涛?のような日程が続きます。 会社をクビにならない程度に仕事も少しだけ頑張ります。 24日はコース最終確認とスタート会場と昼食ASにスタートゲートやバイクラックの設置を手分けしてやります。 

  はちゃまた paper 

|

« コース最新状況 | トップページ | 一族総出 »

裏ばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179104/67059735

この記事へのトラックバック一覧です: 看板立てと道普請:

« コース最新状況 | トップページ | 一族総出 »