« ツールド妻有案内看板 | トップページ | 看板立てと道普請 »

2016年8月19日 (金)

コース最新状況

 お盆休み中にまた全コースを巡回してきました。

前回の見回りから約10日 心配していた路肩に夏草が茂って、道幅が極端に狭くなっていた基幹林道魚沼丘陵線の刈り払い作業は、10㎞ほどの区間でほぼ終わっていました。刈り払いが終わっていないのはあと500m程でしょうか。多分お盆休みに突入したからなんでしょう。この区間もお盆明けには終わるかと思われます。

Dsc_0675_r  前回走行時。

道路左側のコース案内看板は草が絡まり見えにくい状態。前方も道路半分を草が覆い尽くしています。写真を撮ったのはここだけ。車の両ドアをこするほど狭い場所は一気に走り抜けました。 何で写真を撮らないかって・・・それは長居したくなかったから。何か孤独感がヒシヒシって感じがして(^_^;)

Dsc_0722_r Dsc_0723_r そして今回。

 路肩が見え、道路わきの斜面も刈上げ君というか某国首領様の側頭部って感じでしょうか。きれいさっぱり刈り取られていました。

 それにしても10㎞もの両側が全て手作業、もちろん刈り払い機は使うでしょうが、堤防などと違って大型機械なんて使えない複雑な地形の道路ですから、もの凄い肉体労力ですね。オラなんかはひと夏に2~3回くらい畑や畔の周囲100m程を2人で2時間かけて刈るんだけどそれだけでもう汗ダラダラでヘロヘロ状態 それを考えると想像を絶する作業ってことが判ります。

 この林道に限らず、ツールド妻有のコースでは集落が農作業に日常使っている道路脇の田畑に接している斜面や路肩の草がきれいに刈られていることに驚かされます。耕作放棄地も目立つようになり、日々のこうした作業をするのは、高齢者中心となり、人手を集めることすら大変なことと思います。大会のためだけの作業ではありませんが、こうした作業をしなければひと夏で通ることすら出来なくなり、2~3年で路上には木も生え、瞬く間に道でなくなります。

 自然の力恐るべしですね

 

|

« ツールド妻有案内看板 | トップページ | 看板立てと道普請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179104/67043539

この記事へのトラックバック一覧です: コース最新状況:

« ツールド妻有案内看板 | トップページ | 看板立てと道普請 »