« 準備着々 | トップページ | 最新情報 »

2016年8月11日 (木)

3か月前は・・・

 今年は初めて経験するほど雪の少なかった越後妻有でした。それでも山間の棚田では例年通り5月の連休明けが田植えの最盛期。僅か3ヶ月およそ100日前の田んぼには頼りないほど小さい稲の苗が冷たい水の中に植わっていました。それがあっという間に成長し、今では一面緑に覆われています。
 早いところでは10日ほど前からその稲に花が付き始め、今、田んぼ脇の道にその香りを漂わせています。稲の花の香りって想像できますか? それは炊飯器から立ちのぼる「炊き立てご飯の旨そうな香り」と一緒なんです。

 今はまだ稲の花穂は真っ直ぐ立ちあがっていますが、あと1週間もすると次第に重さを増して頭を垂れてきます。それとともに緑の葉も次第に黄色味を帯び収穫の時期を迎えます。開催日程が8月下旬になった今年、早い田んぼではすっかり黄色に色付いていることでしょう。お百姓さんは言います「一生百姓したって、たった50回しか米作りができない!」と。僅か100日のこの変化。そんなことを想像しながらツールド妻有を走ってください。それにしても1年ってほんと早いですねぇ
                                 ではまた paper

|

« 準備着々 | トップページ | 最新情報 »

四方山ばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179104/66912748

この記事へのトラックバック一覧です: 3か月前は・・・:

« 準備着々 | トップページ | 最新情報 »