« ツールド妻有 参加受付終了しました | トップページ | 諸々 最新情報 »

2015年6月12日 (金)

準備状況とメカニックスタッフの募集 #tdtsumari

 ツールド妻有開催まで2ヶ月あまりとなりました、このところブログの更新が滞ってしまい申し訳ありません。
 今回は定員を400人増やし1000人としましたが、最初は果たして定員に達するのだろうかという不安が先に立っていました、しかし、あっという間の定員達成はやはりジャージ効果なのでしょうか??主催者としては驚いたり喜んだり・・・ ジャージ配布がなくてもこうであったら良いのですが、どうなんでしょう?

 今回新設された定員100名の70kmコースは、わずか30分で定員に到達し参加希望者の中にはやむなく90km以上のコースに変更してエントリーされた方もいらっしゃるかと思います。こうしたことは今後の課題になるかとは考えています。

 さて、今年の準備状況ですが・・・
今のところ予定している全ルートに障害はありません。これから雨の時期となりますが、4年前のような梅雨末期のrain集中豪雨だけはないことを祈るだけです。これから何度もコースの事前確認作業もあり、大会間際まで何度走ることになるのやら・・・ 毎回自転車で走るなんてとっても無理ですから当然クルマ! それも軽トラで! (*^_^*) 狭い山道をいろんな道具を積んで、走っては止まり走っては止まり。道具を出し入れの繰り返しですから、積み下ろしの楽な軽トラは一番scissors 我が家の軽トラはエアコン無しのマニュアル車、窓全開で山道を風を切って走る爽快感はオープンカーに近く自転車にも通じるところがあるかも・・・ 廃車置き場で下積みになってもおかしくない年代物ですが、狭い山間地を走るには便利この上ない田舎の万能車ですよ。大会当日はスタッフの所有する軽トラが総動員され、コース状況を把握し看板を点検したり飲み物や食べ物はじめ様々なものを運んだりと、目立たないところで一番活躍するのは軽トラでしょう。数多くの軽トラを動員できるって、それもほぼ全車4駆ってのもすごいでしょ!さすが豪雪地ですね~Ww

 ボランティアスタッフ募集も順調です。定員が増えた分、スタッフの前日や当日の仕事量も増えると予想されます。今回、早い定員達成のため参加でき なかった方から、「ボランティアで良いからスタッフとして参加したい」という申し出もありがたいことです。まだまだ募集しているようですので希望者は大会 実行委員会まで問い合わせてみてください。交通費は支給できませんが、昼食と飲み物、ボランティアスタッフTシャツ、参加者配布されるものと同じオリジナ ル参加賞が支給されます。
 参加募集人数が増えた分、一般のボランティアスタッフを増員していますが、ここで一つ課題が発生。自転車のトラブルに対応するメカニックスタッフの不足も懸念されています。今、あちこちのショップなどにも声掛けしてお願いしているところですが、ショップ関係者などメカに明るい方が応募していた だけるとありがたいです。 遠方からメカニックスタッフとして協力いただける方は、交通費と宿泊費弁償について相談のうえ考慮させていただきます。 応募やお問い合わせは、公式HPのボランティアスタッフ募集に記載のメールからお願い します。

 多くの皆さんが楽しみにしているジャージですが、最終デザインがも間もなく完成の予定です。それに合わせて、サイズ別の数を集計したりで忙しくなっています。1000着を超える数ですから、できるだけ正確に集計した上で多少の予備を見なくてはいけません。しかし無暗に多く発注すれば赤字も心配ということで悩ましいところですね。最終デザインができた段階で当ブログでもお知らせしたいと思います。

参加者ガイドの発送は、もうしばらくお待ちください。

|

« ツールド妻有 参加受付終了しました | トップページ | 諸々 最新情報 »

最新情報」カテゴリの記事

コメント

今年エントリした者です。

ジャージのサイズについてですが、判断がとても難しかったです。
(私の場合、パールイズミなら通常Lですが、今回のサイズ表を信じるならばXSでした。)

もしも可能ならば(サンプルがあればですが) 、各サイズを着用した(モデルさんの体格を明らかにした)画像を、速やかに公開して頂きたいです。
その上で、必要な方にはサイズ変更を認めてもらいたい。
時間が限られているので、早急に検討していただく思います。

投稿: | 2015年6月21日 (日) 00時34分

 回答が遅れて申し訳ありません。今回のジャージ制作は交換や予備を含め1,200着ほどとかなりの数になり、全サイズを同時並行で作るということは日程的にかなり慌ただしく、全サイズが出来上がるのが8月中旬と大会直前になるという連絡がありました。とりあえずサンプルが上がってくるのが7月中旬であり、それも1~2サイズですからモデルが着用した画像を公開するにも時間がないという状況をご理解いただきたいと存じます。
 DMでお伝えできればいいのですが、以下オフレコということで・・・
今回のジャージ制作担当者が以前P社でジャージ制作にかかわっていた方と聞いております。伺ったところほぼ同じサイズで作っているのでサイズ決めの参考になるという情報を頂きました。P社と云えば多分想像できるかと思いますが、ハッキリと名前を挙げるのはお許しください。
 ジャージのサイズ変更は数に限りがありますが、多少は可能らしく、いずれツールド妻有公式HPでその方法を告知する予定ということでした。応援ブログとしてはこれ以上のことは申し上げることができません。もしこの件で疑問がありましたら大会事務局に直接お問い合わせください。参加者の立場からするとジャージのサイズは重要なことと思いますが、どうぞその辺りの事情をご理解くださるようお願いいたします。

投稿: ブログ管理人 | 2015年6月29日 (月) 22時45分

準備お疲れ様です。
今回エントリーした仲間内で、仕事の関係上出走ができない可能性の人が出てきました。
ツールド妻有では、出走権の譲渡等はできますでしょうか?
保険の関係もあり難しいかとも思いますが、もし出走権の譲渡できるのでしたら、何日前まで可能なのか教えてもらえますでしょうか。

投稿: H | 2015年7月 2日 (木) 12時33分

メカスタッフにはチェーンカッターを装備されるとよいと思います。昨年、近くのスタッフが持っておらず、完走を諦めかけましたが、偶々持っていた参加者の方に借りて復帰できました。段差が多くニーズがあると思います。自分は持つ予定です。

投稿: tomorou | 2015年8月 9日 (日) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179104/60326308

この記事へのトラックバック一覧です: 準備状況とメカニックスタッフの募集 #tdtsumari:

« ツールド妻有 参加受付終了しました | トップページ | 諸々 最新情報 »