« 2014年8月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年1月

2015年1月 3日 (土)

ツールド妻有2015 開催要項発表

ツールド妻有2015の公式HPが更新され開催要項が発表されました。
    
 開催日時は8月23日 参加受付開始は4月23日午前0時開始となっています。

開催要項については公式HPに譲るとして、この応援ブログでは、これまでと変わるところをお知らせします。

 まず大きく変わるところは募集人数が各コース合わせ、これまでより参加枠を300人拡大し1000人大会として開催されるところです。これによって今までのコースに加えて70㎞部門が新設されました。

  

 

  

なお、コースは発表時以降に天候や道路状況など諸事情で変更になることもあることをご承知ください。

 70㎞コースは、スタート直後の信濃川の右岸(東側)のルートをすべてショートカットし、スタートからいきなり3つ目のAS鉢集落へ向かい、それ以降はこれまでのショートコースと同じルートをたどるルートです。この結果 走行距離がこれまでのショートコースより更に20㎞ほど短縮され、難易度のハードルが少し下がり、ツールド妻有初心者にも参加しやすくなるかと思います。
 ただ距離が短くなるとはいえ、やはりツールド妻有はツールド妻有です。名物?の苧島や五十子平の激坂などはそのまま。獲得標高も1500mと少なくなく、全くの初心者が安易に完走できるレベルではというないことに変わりありません。しかし、名物もてなしのASも数多く、短いなりに存分に楽しんで走ることができるでしょう。

 120・90㎞のコースの変更点として、ベルナテォイASから国道117号に向かうコースが変わります。これは、交通量が多く、幅員の狭い国道走行を少しでも短縮するための対策となります。この措置の結果、危険な急勾配の下り坂が無くなり、また同区間の走行距離が2㎞ほど増えることになりますが、全体に下り勾配だけですから距離増加の影響はないかと思われます。

大会名物のエイドステーション数はこれまで通りですが、芸術祭開催年で地域全体がかなり賑わう影響で、一部のASの設置場所に多少の移動変更がありそうです。

 今回の大会は大地の芸術祭開催年ですから、3年に一度の特別な大会です。アート作品のひとつとして開かれる大会ですから、あの記念ジャージが新しいデザインで作られて参加者全員に配布されます。現在そのデザインが進行中です、完成次第に公式HPで発表されますが、どんなデザインか今から楽しみです。

 ジャージが配布される今大会は募集が殺到することが予想されます、また大会規模拡大に伴い駐車場混雑を避けるため、申し込み順にスタート場所に近いところから駐車場も指定されます。4月23日の受付開始をどうぞお忘れなきようお願いします。

応援ブログはこれからも新着最新情報があり次第お知らせします。大会のツイッター公式アカウント @tdtsumari にも注目ください。 ツールド妻有関係のツィートは#tdtsumari です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2015年4月 »