« 直前情報③ | トップページ | 妻有を駆け抜ける雄姿が・・・ »

2010年8月30日 (月)

盛況御礼

Cimg1394_2  

 ツールド妻有に参加者の皆様、ボランティアスタッフの皆様、主催者が知らない場所で勝手ASを設置していただいた皆様。そして沿道で声援を送ってくださった皆様、「ツールド妻有2010」は昨日盛況のうちに終了いたしました。これもひとえに様々な支援を頂いた賜物と実行委員会一同感謝深く申し上げます。
 大地の芸術祭の一環として誕生した「ツールド妻有」ですが、回を追うにしたがって規模も大きくなり、今や芸術作品という意味もさることながら、サイクルイベントとして、また地域活性化という面にまで、この大会に対する意味は拡大しています。 まだあと片付けの最中で、何一つ整理できていません。少しでも大会情報やレポートを流したいとも思いますが、まだそんな余裕がありません。(*_*; 一段落したら少しづつ今大会の事を書き綴っていきますのでそれまで暫くのご猶予を頂きます。

でも手元のメモに残っている情報をとりあえずほんの少しだけ・・・

 ※ スタート 先頭グループ午前7時00分 最後尾スタート 午前7時23分

 ※ ショートコース先頭ゴール     №778 KK様 午前11時22分ゴール 
                                                                 (所要時間  4時間22分) 
 ※  120kmコース先頭ゴール     №150   YK様  午後0時30分ゴール  
                                                                 (所要時間  5時間30分)

 どちらのタイムも主催者が全く予想もしない速さdashでしたので、ゴールでのんびり構えていて拍手のお出迎えすらできませんでした。あらためてお詫びいたします<(_ _)> ツールド妻有は競争ではないので、watchタイム発表をためらいましたが、あの暑さと累計標高差の中、あまりにも驚異的なタイムでしたので参考までにお知らせすることにいたしました。

 走る方も応援する側もあの酷暑で大変だったこと思います。それぞれの立場の皆さんに何人かお話を伺ったところ、沿道の応援団の皆さんは一様に「楽しかった、励みになった」といいます。また思いがけない場所で思いがけない美味しい食べ物riceballrestaurantnoodle の提供も、きれいな風景と共にひときわ印象深かったようでした。頑張って走ってくださった皆様sweat01、本当にご苦労様でした。 できることなら来年もまた妻有でお会いしましょう!paper 

|

« 直前情報③ | トップページ | 妻有を駆け抜ける雄姿が・・・ »

最新情報」カテゴリの記事

コメント

ツールド妻有実行委員会の皆様、ボランティアスタッフの皆様、有難うございました。昨年同様120キロに楽しく参加させていただきました。昨年の14時に対し今年は15時53分ゴールでした。所要時間が延びたのは、ひとえにASに長居したためです。計算すると2時間42分も休憩していました。
休憩が長かったのは暑さのせいもありますが、何より妻有のASは「旨い」「楽しい」「気持ちがいい!」。超絶に旨い茄子漬、トマト、味噌きゅうり、おむすび・・・・、今年は天候に恵まれたので公式・勝手問わず全ASを制覇し、全メニュー(能舞台のお蕎麦のみは行列に並ぶのが嫌でパスしましたが)をいただきました!!!「うんめかったれ~!!!」。おかげで帰宅後に体重が増えていました。また、ASのスタッフの皆さんがみな楽しい、あたたかい!「がんばったね~。もうこの先はたいした坂は無いよ。」というおばちゃんたちの言葉に何度も騙されながら走っていました。
コースもすばらしい。上りと下りしかないこんなきついコースですが、緩斜面・急斜面と変化に富んだ上りや豪快なダウンヒル、すばらしい景色を眺めていると疲れを感じる暇がありません。迷いやすい要所には必ずボランティアの方が案内に立ってくださり、安全に快適に走ることができました。また、沿道の地域の方の応援も本当に力になりました。重ねて有難うございました。
昨年参加させていただいたとき、ASで立ち寄った「芸術祭の作品」や星峠から見た雨にけぶる棚田の風景があまりにすばらしかったので、職場の同僚に「妻有って知ってる?すごく良いところだよ。」と話していましたら、早速今年の夏、家族で「大地の芸術祭」を見に一泊で妻有を訪れたそうです。作品や景色を堪能したそうで「すごく良かった!来年も行きたい!」と話していました。
昨年、今年と2回の参加ですが、すっかりツールド妻有&妻有地方のファンになりました。開催に尽力されたスタッフの皆様、地域の方々に感謝と敬意を表します。本当に有難うございました。ぜひ!これからも参加させていただきたいのですが、来年は「できたら」8月28日開催とのこと。どうも来年以降は8月の最終日曜日は仕事の都合で参加できなくなりそうで残念です。再来年から2009のように8月上旬開催になったら嬉しいです。
長くなりました。お疲れのスタッフの皆様、残暑厳しき折、お体にお気をつけください。本当に有難うございました。       新潟市 もうすぐ50歳

投稿: T.Y | 2010年8月31日 (火) 10時27分

楽しい大会を有難うございました。

昨年は雨のおかげで涼しくてそれほどきついとは思わなかったのですが今年は暑さに参ってしまいました。
「GF糸魚川よりも坂がきつくて大変だね」と話している人もいました。
でもそれだから楽しいんですよね!

ちょっとモチモチしたパエリアも笹団子もキュウリもなすもトマトもおにぎりも唐揚げもお蕎麦もみ~んな美味しかったですよ(^^;

来年もまた参加させてください。
難しいかもしれませんができれば他のイベントと重ならないとありがたいです。

スタッフの皆さん、ボランティアの皆さん、大会関係者の皆さん、走りたくてもスタッフだった人、皆さん有難うございました。

投稿: the end | 2010年8月31日 (火) 19時05分

この度、初参加して無事に完走できて嬉しいですhappy02、各所で応援してくれた地域住民の方、ボランティアスタッフの方、そしてご難儀をかけた大会運営者の方々、ホントに有難うですheart04

このイベントで無事完走出来た事でnotes自分にも少し自信がつきましたpunch

又2010年の暑い夏に良い思い出が出来ましたscissors

又、来年お会いしたいですhappy02ではpaper

投稿: デーノ | 2010年9月 1日 (水) 21時24分

運営陣の皆様お疲れ様でした、そしてお世話になりました。
今年の妻有は暑かったですね!
昨年は昼過ぎからの雨で棚田の景色は残念でしたが、暑さは凌げました。でも、どんなに暑くとも自転車乗りには雨よりも晴れですよね。
毎回楽しく参加させて頂いておりましたが、今回、最後の最後にオチが付きまして...
駐車場に止めた自動車が、温泉で汗を流している間に熱中症(バッテリーがあがってしまいました)と言うアクシデントに見舞われてしまい往生していたのですが、
運営スタッフの方々にお世話して頂き事なきを得ました。この場をお借りして御礼申し挙げます、ありがとうございました。
14時にゴールしましたが、駐車場を後にしたのが18時 orz...
ゴールしても尚、人の優しさに触れていた時間です。
当然、大いに反省しておりますが、これもまた良い思い出になりました。
ツールド妻有 最高のイベントです。
来年も絶対参加です!運営陣の皆様ありがとうございました!!

投稿: 熱中症 | 2010年9月 2日 (木) 01時07分

 年々、大会も充実して立派なイベントになりました。スタッフやボランティアの方々に感謝です。
 今年特に良かったと感じたのは、ASでの補給の充実ぶりと、能舞台でのお昼が、自分で好きな品を好きなだけ頂ける様になったことです。お蕎麦もありがたかったです。この方法は無駄も無くせるので大感激です。
 自分は、大会の後、予定していた通り、当間からトンネルを抜けて塩沢へでる予定が、当間スキー場の先で道を間違えて十日町へ舞い戻り、結局、夜中に八箇TN越えで六日町へ抜け、小出から枝折峠を超えて銀山平ー鷹ノ巣まで行き泊まり、翌日、御池を越えて桧枝岐、中山TNを通過して尾瀬口から帰宅しました。今回一人参加なので、前日に十二峠を超えて清津峡の観光が出来たのも良かったです、仲間と一緒だと車なので通過してしまう場所でした。
 益々の充実と発展を願っております。感謝!

投稿: sugi | 2010年9月 2日 (木) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179104/36442010

この記事へのトラックバック一覧です: 盛況御礼:

« 直前情報③ | トップページ | 妻有を駆け抜ける雄姿が・・・ »