トップページ | やっと出来上がりました »

2010年6月29日 (火)

只今の準備状況は・・・

 久々のブログ更新ですが、ツールド妻有2010開催まであと2ヶ月余りsoonとなりました。準備は着々??・・・ と云いたいところですが「まぁ何とか進んでいる」といったところでしょうか ^_^; コースは昨年の一部を変更することになり、先日の土曜日には有志の皆さんが勇んで試走に行きました。ところが途中からrain雨に降られたようで一部を残し退散、でもこの梅雨時だから仕方がないでしょう。今日は今年のツールド妻有が昨年と少し変わる点についてお知らせします・・・ 

 今回のエイドステーションは大会本部が直接運営するのは2箇所のみとなり、残りは沿道通過集落のみなさんの協力によりASを自主企画運営するという方法を試みます。まだ検討中の部分もありますが全体の数では大きな変更はない予定です。さてどんなエイドが飛び出すやらこちらの企画が楽しみです。好評だったriceballコシヒカリおにぎりや新鮮野菜に加え、新たに協賛を名乗り出たスポンサーから提供されるものとして、妻有の名物蕎麦や新潟名産・笹団子なども振舞われることになり、好評のASの飲食は昨年以上に充実するはずです。また昨年に引き続きbullettrainJR東日本も多数のボランティアを派遣してくださるようでありがたいことです 

 昨年の本番では大雨に見舞われました。そのため「坪山峠エイド」付近から先、田戸集落付近から仙田集落の国道403号までにかけてのカーブの多い下り区間で転倒者が続出しましたhospital。そこで今回はその区間をhairsalonカットし、道幅が広い国道252号を通るコースに変更することになっています。そのほか、棚田の名所「星峠」の先、棚田の中の急坂を駆け降りる道もhairsalonカットされます。それは「星峠AS」を運営する峠集落の皆さんからの要望でした。たとえ短時間であっても細い棚田の農作業道を高速で走る自転車があることは収穫時期間近でもあり田んぼを行き来する人にとって危いという理由。もう一点、「峠集落の皆さんが開設するASがありながら、集落内を通らず行ってしまうので住民の皆さんが参加選手に声援を送れないのは残念、だから集落内を通るようにしてみんなで応援したい」という声からでした。折角の棚田の道は見るだけにして集落内で声援を受けてください。この変更に伴う距離やコースの難易度は殆ど変わらない見通しですのでご安心ください。アッ!もうひとつ・・・コース終盤の激坂とトンネルの選択性を廃止します。これは昨年の軟弱トンネルコース?へ向かった参加者が極端に少なかったという実績から、今回は全員に五十子平の激坂へ挑戦していただきます(*^_^*) このためトンネル方面に向かう参加者向けだったASもなくなります。

Auaua ブログ管理人としましては、shadow大会事務局長からコース図の印刷原稿などや看板製作などいろいろ仕事を仰せつかっています。先日の雨の日曜日は終日PCに向かい、慣れない原稿製作に没頭しましたが・・・何しろ普段使わないソフトを1年振りに立ち上げたものですからすっかり忘れてしまい 四苦八苦sweat01でした。しかし何とか今月中にも仕上げて印刷屋さんに出稿せねばなりませんdash それが出来上がったら来月中旬にも参加者の皆さんに発送する段取りとなっています。しかし準備の本番はこれから、当日に備え参加者のみなさんもbicycle走り込みの方ヨロシク good

|

トップページ | やっと出来上がりました »

最新情報」カテゴリの記事

コメント

準備作業、ご苦労様です。今年は日程が遅いこともあるせいか、走り込みが遅れ気味です。今週末は結局乗れませんでしたが、タイヤを代えて気分だけは盛り上がっています。今後、実走行ももっとがんばらねば・・・。
コース変更の件、賛成です。田戸集落を通る道は斜度・Rがきつい上に路面が荒れているので下りでは通りたくない道です。星峠の棚田はコーナーがきつすぎてスピードの出し過ぎ等の心配はないような気がしますが、周辺住民との交流や走りやすさを考えればオーソドックスな経路の方がいいかもしれませんし、コースが2つに分かれるのは運営上大変ですので、五十子平付近の激坂については妥当な判断かと。(新しいトンネルは広くて走りやすいですけどね。)あとは、ゴール前の信濃川左岸の道が狭くてちょっと走りにくい感じがしますけど、交通量や疲労度を考えるとbetterなのでしょうね。
いろいろと大変でしょうけれども、楽しみにしてますのでがんばって下さい。
応援してます!!

投稿: moto | 2010年7月 4日 (日) 22時06分

毎度のコメントありがとうございます。
コース変更の件、ご理解賛同をいただき感謝します。
ミオン発着で100km程度のコースを設定する場合、何処か一部をカットし新たな部分を付け加えても総距離が相当量増えてしまうのが悩みです。
ご指摘のとおり激坂後に国道117に出た場合、距離が増え交通が激しかったりというのが避けている理由です。それぞれタイムwatchにこだわりたいという気持ちは理解できますが、安全第一で楽しんで走っていただけたらうれしいです。そのためには適所に看板を出し指示案内を充実させようと思います。
コースもまだまだ改良の余地もあります。参加者の皆さんのご意見を聞きながら来年以降も反映させたいと思っています。妻有ではeasyなコースを設定するのは難しいですが、hardコースsweat01ならいくらでもできますが・・・いかがでしょう??

投稿: hanasaka@staff | 2010年7月 5日 (月) 08時13分

ギミョウから、峠、室野、福島、浦田方面へいって、大厳寺ヒルクライムで、のぼったら松之山天水越へおりてきて、405号?で津南駅の辺りに出て、信濃川西側をずっととおってミオンまでってのはどうですか?


投稿: 坊主頭 | 2010年7月 5日 (月) 22時47分

坊主頭様、ご提案ありがとうございます。
コメントに気づいてはいましたが、このところ何かと行事が立て込み超亀レスで申しわけありません_(_^_)_
 それにしても妻有の道に詳しいですね、地元の方ですかぁ??
ご提案については、コメント欄でお答えするにはスペースが小さいし、もっと大勢の皆さんから見ていただき、ご意見を伺いたいのでので、少し先になりますが記事にしてアップしようと思っています。
暫くご猶予をください。

投稿: hanasaka@staff | 2010年7月 9日 (金) 11時42分

投稿させていただいた記事にお返事をいただき感激しております。ありがとうございます。


イベントの後半に疲れた体で大厳寺高原までヒルクライム…山の上には芸術祭の作品(でっかいブランコ?)もあったり、牧場、湖なんかあってステキなんですが、ご提案させてもらっておきながら、よくよく想像してみると、『登れないかも…』と弱気になってしまうくらい大変厳しい長激坂です。交通量も少なくていいのですが、完走者激減の恐れ有りです。


これだけあおると逆に『完走してやろうじゃないか!』と楽しみに変えてくださる方もたくさんいらっしゃるでしょうが…


イベント関係者の方、参加予定の方々、ご検討よろしくおねがいします。

投稿: 坊主頭 | 2010年7月 9日 (金) 20時00分

続けてすみません。


私、地元妻有の人間ですが、妻有の激坂は大厳寺なくして語ることはできません。


名前も『大』『厳』なんて文字が並びますし、みるからにつらそうじゃないですか!いや、楽しそうじゃないですか!


妻有激坂の代名詞になれる存在だと思います。

投稿: 坊主頭 | 2010年7月 9日 (金) 20時19分

大厳寺・・・。「坊主頭」さん自身がおっしゃってるとおり、昨年のコースを基本に考えると、100km前後を走った後にヒルクライムとなってしまい、結構きびしいものがあると思います。昨年のコースの最高地点はおそらく標高460m程度ではないかと思いますが、大厳寺は標高700mを越えてます。大厳寺よりは低いですが、室野-浦田-兎口から松之山温泉へ抜ける大松山越え(坂口安吾の散歩コース)というルートなら標高600m弱です。これも昨年のコースをベースに考えるときついと思いますが、大幅な変更もありうるなら選択肢としてありかな?と・・・

投稿: moto | 2010年7月 9日 (金) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179104/35565206

この記事へのトラックバック一覧です: 只今の準備状況は・・・:

トップページ | やっと出来上がりました »