2018年4月16日 (月)

「いつでもツールド妻有」マップ配布 #tdtsumari

 大会開催時以外にも越後妻有を訪れて、ツールド妻有のコースを走っているサイクリストを多く見かけます。

いつでもツールド妻有のコースを走っていただけるようにと、ツールド妻有実行委員会では「いつでもツールド妻有マップ」という地図を昨年から市内各所や都内で無料配布しています。

Dsc_1804
 このマップは汗をかいても雨にあっても破れず滲んだりしないよう耐水性があり、乱暴に丸めてジャージの背ポケットにいれても破れないよう、合成紙にプリントしたA-2サイズのマップです。

 八つ折のA-5サイズにたたまれコンパクトなこのマップ、片面はコース図、反対側には食事処や大地の芸術祭作品案内など役立つ情報満載のマップです。

Dsc_1806

 連休を利用して走ってみたいという皆さん、これを手に入れて越後妻有を訪れてはいかがですか?

配布場所はスタート地点の「ミオンなかさと」はじめ以下に置いてあります

  • 十日町市総合観光案内所(ほくほく線十日町駅西口構内)
  • 松代・松之山温泉観光案内所(ほくほく線まつだい駅構内)
  • 十日町市観光協会中里支部(中里支所内)
  • 越後妻有交流館キナーレ(総合案内窓口)
  • まつだい農舞台
  • 清津峡ホテル せとぐち
  • 清津峡湯元温泉 清津館
  • 農家民宿さんぜん

  また、東京都内の表参道「新潟館ネスパス」でも無料配布しています。
   
 常時見える場所に置いていないところもありますので、必要な方は窓口にお声がけください。

 折角出来上がったマップですが、まだ100%完璧に案内標識が建てられているわけではありませんので注意が必要です。

 残念ながら現状は常設看板が設置されているのは120㎞コースのみ。90㎞コース、70㎞コースの120㎞コースとは異なる部分の看板設置がありません。

 また、スタート地点から国道117号線までの間は、昨年から新しく国道353号線のバイパスが開通したため、この区間の数か所の看板設置がありません。他にも私有地のため常設看板設置の了解を得ることができず設置されないところが何ケ所かあります。

 こう書いてみると不安で走れないを思いがちですが、マップを見て行先の地名や方向を見たり、yahooルートラボで「ツールド妻有公式」と入力して検索、それを事前に見ていただくことで対処いただけると考えています。

 まだ完璧な常設案内看板ではありませんが、ルートラボと併用しご活用ください。

 さらに注意点を追記します。

大会開催時と違いコース上に補給場所(AS)がないことは言うまでもありません。過疎山間地ですから、コンビニがあるのはスタート地点に近い中里地域と農舞台がある松代のみ、それ以外は集落内の小さな商店に設置されている自販機程度です。スタート前に必ず補給食や飲料をご用意ください。コースを多少それればと飲食店もありますが、事前に計画を立て調べてください。

このコースマップはあくまでも走行する一人ひとりが、自分の責任で走っていただくことを前提として配布しています。
 道路状況やコースの不通・それらに起因する事故発生を含め当実行委員会が責任を負うものではありません。走行はあくまで自己責任ということを認識の上ご走行ください。

 コースの一部は交通量が極端に少ないところもありますが、油断すると不意に対向車もあり 要注意です。また、万一事故っても救援を依頼するには携帯電話以外手段がありません。くれぐれも自己責任で慎重にご走行ください。

 

| | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

おかげさまで定員に達しました #tdtsumari

 「ツールド妻有2018」は、おかげさまで本日昼前をもちましてすべてのコースが定員となりました。
たくさんの皆様、申し込みありがとうございます。

 大多数の皆さんは参加料の入金を済ませていらっしゃいますが、まだの方も100名ほどいらっしゃいます。入金期限は参加申し込みから1週間ほどとなっています。それを過ぎると申し込み自体がキャンセルとなりますのでご注意ください。

 残念ながら、エントリーに間に合わなかったみなさん、ツールド妻有実行委員会では、いつでもツールド妻有のコースを走っていただけるよう常設案内看板を設置し、コースマップを配布しています。この件については後日あらためて書きたいと思います、少しお待ちください。

| | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

冬季通行止め解除

 雪深い越後妻有にもようやく遅い春がやってきました。しかし、ツールド妻有のコースはまだ通れない場所も多々あります。

 数日前、昨年以来長いあいだ通れなかった小脇から中子の間のあの激道(通称ガリガリ峠」の冬季閉鎖解除のお知らせがようやくありました。

Screenshot_20180411164115

 冬の間は雪崩の危険があって除雪せず通行できない国道や県道は、春ともに雪崩の危険が去ってから重機で除雪されます。しかし、交通量が少ない林道などは、自然に雪が融けるのをひたすら待つだけです。

 坪山峠(通称パエリア峠)の前後は、日当たりが良いところはすでに融けていると思われますが、例年この時期には北斜面や吹き溜まりにはまだ雪が残り、クルマで通り抜けできないところもあります。

 それでも今年は3月の好天で例年になく早く雪解けが進み、4月末には全線通れるようになるかと予想しています。

 この時期の越後妻有は、残雪と新緑がかがやく一年で一番美しい季節です。練習がてら走ってみませんか

数年前の画像ですが、パエリア峠に向かう林道、残雪の中の新緑、いかがですか?Dsc_0110

| | トラックバック (0)

ツールド妻有2018募集定員まであとわずかです

募集開始から一日とちょっと過ぎました。たくさんのご応募ありがとうございます。

いずれのコースも募集定員に近づいてきました。

午前8時現在の定員までの残り状況は
   120㎞コース:100人 90㎞コース:39人 70㎞コース:9人 となっています。

 参加しようと思っている皆さんはお急ぎください。

| | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

参加申し込み絶賛受付中!!

 昨夜から「ツールド妻有2018」の参加申し込み受け付けが始まりました。16時間後の午後4時時点で、既に募集定員の80%近くの申し込みをいただいいるようです。募集定員が少ない70㎞コースに参加希望の方は特にお急ぎください。

 このペースで申し込みが進むと、他のコースもすぐに埋まってしまいそうな予感がしています。今年は3年に一度の公式ジャージが参加賞となるためでしょうか、いつになく速いペースで申し込みが進んでいます。

 まだ先があるからと参加を迷っているとチャンスを失いますよ、とりあえず 「ポチッ

 

 

 

| | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

ツールド妻有2018 開催のお知らせ

 

ツールド妻有2018の開催日程が発表されました。

今年の開催日は8月26日(日曜日)午前7時スタート。参加受付の申し込みサイトは、4月11日(水曜日)午前0時に公式サイトで開示されます。
 
 今回は、毎回好評でみなさんが楽しみにしている3年に一度のオリジナルジャージが作られ、当日は参加者全員がこれを着て走ることになります。
 このオリジナルジャージは、一昨年に作られた特別バージョンの紺色10周年記念ジャージを含め、今回で5種類目となります。 今年はどんなデザインになるのか、今から楽しみですね。参加常連のみなさんは何種類持っていますか?

 昨年は夏大会が開催されず、晩秋に規模を縮小し開催されましたが、今回は例年通りのまた暑い夏の大会が戻ってきます。

 なお、受付開始までは、大会に関するご質問や問い合わせなどを含め、一切を受け付けておりませんとのことです。
 
 受付開始が平日深夜ということもあり、忘れなきよう今からカレンダーに印をつけておいてください。

  新しい動きや情報がありましたら、今後も逐次お知らせいたします。
 
 

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

参加受付開始時刻変更

 当ブログで【ツールド妻有2017(秋)】の参加受付開始を6日午前0時とお知らせしていましたが、正しくは6日の正午でした。運営本部の確認ミスでした、お詫びいたします。
受付開始は明日正午です

| | トラックバック (0)

秋開催に至る真相

 今まで開催を期待して頂いた皆様は、「どうして夏に開催しなかったか?]という疑問をお持ちの方が多い事と思います。

 その疑問をかいつまんで説明すると・・・

 このイベントが始まって10年が経過。当初は10数人規模の大会が、今や1000人の参加者。実行委員スタッフもさぞ多かろうと思われていますが、実は前日、当日だけの寄せ集め集団による大会でした。

 実の所、本部員としてその年の開催が決定した時から準備にあたっているのはNとMのたった2名 開催2週間ほど前になると参加者ガイドの発送などの作業のため友人同僚など何人か加わっての準備作業が始まります。

 さすがに大会数日前になると要の本部運営は数名ではどうにもならず、更に足りないところは、配下?や友人・縁故を頼り、頭を下げて協力をお願いするという有様という、寄せ集めの大会本部でした。とはいえそんな状況でも10年の積み重ねで要領を得ている人たちですからそれで運営は廻っていました。

 しかし、寄せ集め集団も10年を経ると、当初は若かった人たちにも身辺に変化が出てきました。若い人は結婚して子供が生まれる、家族が出来ると思うように時間を取れなくなったり、年配の人達は体力が低下して早朝から日が暮れるまで、設営から看板建て、誘導、テント・スタートゲートの設置や撤収の激務に耐えられなくなり、資材運搬のサポートに必須のクルマの運転も高齢者マークが付く年齢。

 節目の10年を目前にしてついに限界を感じ始め、組織の再構築という話になりました。しかし、一朝一夕で運営の要である新組織を作るのは簡単な話ではありません。

 去年の大会が終わった時点で少しずつ働きかけを始めたのですが、春までに事態は進展せず、このままでは2017年の大会が今迄通りの破たん寸前の運営となるため、止む無く中止となったというのが真相でした。

 中止が決まったあとも様々な働きかけをした結果、ようやく協力団体が集まり、開催の目途が付いたのが9月に入ってからでした。とはいえ、新しい組織でいきなり来年の夏に1000人規模の大きな大会を開くには不安が大き過ぎます。そこで人数を抑えた小規模な大会をに開催しようということになりました。 
 秋の日は短く、日に日に冷え込みも加わり、11月ともなると初雪の心配もあるため、時期を検討した結果がギリギリ10月29日という日程という次第です。非常にタイトな準備日程でもあり、急な開催決定の発表で参加者が集まるかという心配もあります。初回開催以来、大きなスポンサーを取らず、運営資金のほとんどを参加費だけで賄う大会ですからその不安も大きく、新組織も頭を悩ます日々は続きます。

 ともあれ新しい組織で再スタートを切ることになったツールド妻有。新メンバーがどんな新味を出した大会を運営するのか期待大です。エイドステーションを運営していただいている団体のみなさんはこれからも継続して支援をしていただけるとのことですので、秋のASのおもてなしも期待大です。ツールド妻有フアンの皆様、今後もこのイベントを暖かく見守ってやってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

ツールド妻有2017(秋) 開催決定

 長らくお待たせしました。一旦中止となった今年のツールド妻有でしたが、ここに来て一転、急遽秋バージョンとして開催することが決定しました。
開催日時は、今月最終日曜日。日の出日没時間や朝夕の気温低下を考慮し、午前8時スタート/午後3時がゴールリミット。それに伴い距離も最短の70㎞コースのみとなりました。
コースは従来の70kmコースとなり、西田尻の第1ASとベルナティオ第2AS方面および、農舞台以降儀明、星峠方面がカットされたルートとなります。
だいぶ短縮されたとはいえ、70kmでも走りごたえのあるコースです。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

 夏とは一味もふた味も違う紅葉真っ盛りの越後妻有。新米コシヒカリやキノコに秋野菜など味覚も秋真っ盛り。天候によっては朝夕の冷え込みも厳しくなり始める季節です、防寒の準備もお忘れなきよう準備ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

朗報があるといいけど・・・

 久々の更新でブログの書き方さえ忘れそうです (~_~;)
詳しい理由も明らかにされないまま、残念ながらツールド妻有2017は中止となってしまいました。
 今更ですが、中止の理由は・・・

 開催10年目となっても実行委員会とは名ばかり。当初の参加者数十名程度から次第に規模が大きくなり500人程度までは何とか対応できていた運営体制も次第に無理が重なり、近年の1000人規模での開催となるととうとう限界が現れたようです。実行委員とはいえ普段は仕事がある身。開催1か月ほど前になるとどっちが仕事やら・・・万が一、大会当日に組織中心にいるひとりでも欠けると運営が立ち行かなくなるというところまで来てしまいました。そんなことがあり、新しい組織を再構築しようということになりましたが、今年の開催日までに準備が整わず止む無く中止という判断となった次第です。期待していた皆様には大変残念なことだったでしょう。
 ようやくここに至って様々な団体や個人の協力で新しい組織が出来上がる目途が立ちつつあるようです。

 来年は3年に一度の「大地の芸術祭」の開催年。来年は例年の規模で開催を目指して準備が始まるという情報があります。3年に一度の記念ジャージを着て走ることはできるのでしょうか?期待が高まります。
 更にもうひとつ、気になる情報!どうやらこの秋に番外のツールド妻有「秋編」ともいえる大会を画策しているという情報があります。
 「越後妻有は秋真っ盛り 紅葉と新米コシヒカリ 新蕎麦 柿・栗・お芋・きのこや秋野菜・・・旨いものは夏以上に盛りだくさん!」 どんな大会になるやら最新情報から目を離せませんね。 
     画像はイメージです(*^。^*)ℓ

Cimg8920 Cimg8909_2 Cimg8921








 

最新情報は ツールド妻有のフェイスブックやツイッター、公式サイトでも順次発表がありますからこちらも注目ですね。

|

«2017ツールド妻有 開催発表遅延のお詫び